*

ピルは正しく服用して

低用量ピルは、産婦人科医療で正しく使用すれば優れた効果を発揮する医薬品です。

 

良く知られているのが低服用量経口避妊薬で、望まない妊娠を防ぐ効果があります。また、多くの女性の悩みである月経不順や生理時のイライラ感除去や痛みの緩和にも効果的です。更に、28日周期で訪れる生理の時期をずらすことができ働く女性の仕事の予定に合わせて服用されている例があります。重大な事例では、病的な症例である子宮内膜症の治療にも有効とされ活用されています。

 

低用量ピルの成分は卵巣様ホルモンで、卵子の排出を抑制する作用があります。医療用として健康保険適用されるには、医師の診断が必要ですが、経口避妊薬として用いたい時は、低用量ピルは市販薬としては販売されていませんので、薬局等で購入することができません。

働く女性