*

ネット

いつでも一緒に

一般的な初めての方向けの外為取引の教科書では「損が生まれた場面ではナンピンをすることでポジション全体の価格を低くする事が出来る」などとアドバイスしていると思いますが、ここにはかなりの落とし穴が待ち受けています。

 

はじめに、ナンピンの仕組みについて説明しておきます。

 

一例として1ドル100円でドルを買ったとする。

 

$(ドル)買いのため、ドル高になるほど利益が出るわけですが、不幸にして1ドルが95円まで円高ドル安が進んだとします。

 

そのままの状態でポジションを所有し続けたら、損失が回復するまでには、損失分、円安ドル高に向う必要があります。

 

誰もが、マイナスは出来るだけ早く無くしたいと願うだろう。

 

これを解決するためはじめに買ったのと同額分の$(ドル)を1ドル=95円で取引します。

 

そうすると、ポジションの平均のコストは1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

 

言い換えると、2円50銭の幅で円安が進行すれば損失を回復できます。

 

この流れがナンピン買いの原理です。

 

ナンピンの方法を理解すると「確かに」と考えたりするがそう簡単には思った通りにはなりません。

 

初めから、1ドル=95円が底だということなど、なんびとも分かりません。

 

たとえば、為替相場がかなりの円高トレンドだとしたら、1ドル=95円ではとまらず、ドル安に向う危険性はあります。

 

仮に、97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず、95円まで円高になったら、ナンピン買いした分についても為替差損が生まれてしまいます。

 

この状況では、最初に売買したドルと合計で、倍の損失を被ります。

 

それゆえ、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

 

では、為替が自分自身の筋書きとは逆にみるみる進む場合どんなやり方で危険性を避ければいいのでしょうか。

 

こういう状態で選ぶべき対策は2つしかありません。

 

ひとつめは潔くあきらめて損切りをすること。

 

もうひとりは、現在、自分自身が保持している買いポジションを縮小することによってもう一度為替が戻るのをじっと待ち望むことです。

 

ずいぶん弱腰の対策だと言う投資家もいると思います。

 

だけど、持っている買いポジションに差損が生じた時、効果のあるやり方はこれ以外には考えられない。

 

言うまでも無く、理論上はナンピン買いをするという手段もあるように思える。

 

だがナンピン買いは、自身がマイナスになっている状態にもかかわらず、ポジションを減らすどころかそれとは逆に買いポジションを積み増していく手段です。

 

この方法では、危険を削減することなど、到底無謀だと思うべきです。

 

ナンピン買いを続けられればいつかは勝てるかもしれません。

 

しかし、それより先に投資資金がマイナスになってしまいます。

 


テスト

テスト記事です。